里帰り出産1 ~2人目の出産記録~

里帰り出産

私にとって妊娠・出産は2回目です。

1人目の時と違って初めてのことや、上の子のお世話をしつつの子育て、どんなことが起こるんだろう?

私にとっては未知の世界。

そんな私の出産記録を紹介していきたいと思います。

1人目の妊娠・出産

1人目を妊娠したのは、私が30歳の時でした。

今時30歳で初産は遅くはないのかと思うのですが、やっぱり体力的には若い方が良いなと感じますね。

妊娠中は特に異常もなく、順調な妊婦生活だったので、産休に入るまではバリバリ体を動かす仕事をしていました。

それでも、重いものを持っての立ち仕事が多かったので、早めの産休に入らせてもらえました。

私が妊娠中で辛かったのは悪阻です。

吐き悪阻と食べ悪阻両方だったので、仕事しながらは常にしんどくて

これ...いつまで続くの...?(T_T)と毎日毎日、ほんとにもー精神が病みましたね。

情緒も不安定ですし、ホルモンバランスも崩れまくりで、人生で初めて、自分で自分をコントロールできなくなりました。

この時思ったのが、1日悪阻を体験できる薬があるなら、ぜひ旦那に飲ませたい(笑)

絶対みんなそう思うよね!(*´з`) →ひどい

だって世の中の男が妊婦体験するのって、お腹に重り付けてみるくらいでしょ?

あんなの

全然体験してない!

よゆーよゆー!

それで妊婦って大変だねとか分かった風に言われると...(一一”)イラッ

だれか薬開発してくれないかなぁ(笑) →ひどい(2回目)

まぁ...腰痛とかお腹が大きくて寝れないとか、妊婦あるあるのものを乗り越えつつ、無事に出産しました。

普通分娩で、午前1時頃、3150gの女の子です!

3日ほど前駆陣痛があって、本陣痛が始まり病院に入院した時点で子宮口3cm、破水はせず、そこから3時間ほどで全開に、その2時間後に産まれたので、比較的安産で産まれたと思います。

妊娠の痛みは忘れていくと言いますが、痛みの恐怖はずっと残りますね(T_T)

あれから3年経ちますが、またあの痛みに耐えられるのか、無事に出産出来るのか心配です。

2人目の妊娠生活

2人目も同様に、比較的順調に妊娠生活を送っております。

悪阻以外は...(ΦωΦ)フッ

あの恐怖の日々は、2人目だからといって軽減することなく、さらにパワーアップしてやってきましたよ。

分かってた...分かってたよ...でもちょっとは期待していいじゃない...(T_T)

悪阻が1人目よりきつかったのは、恐らく上の子のお世話をしてて、ゆっくり休む暇がなかったからだと思われます。

無理しないようにと思っても、やっぱり無理しちゃいますよね。

この時やっぱり思いました。

悪阻になる薬を旦那に...(笑)

何ででしょうねー(´-ω-`)?

旦那はすごく気遣ってくれて、家事も育児もいっぱい助けてくれたのにね?

ごめんね旦那(笑)きっとホルモンのせいだよ(´-ω-`)ネ

無事に産休に入り、今回も里帰り出産で産む予定です。

コロナ過のため、以前とは違う部分がありますが、無事に産まれてきますように!

里帰り最初の妊婦検診

コロナ過のため、2週間自宅待機をしてからの受診になりました。

里帰り前の最後の受診の時、赤ちゃんが少し小さめで子宮口が1cm開いているといわれ、とても不安だったので、早く受診したかったです。(´;ω;`)

ドキドキ不安だったのですが、検診の結果は問題なく順調でした。

ちょっと一安心(*´ω`)

開いた子宮口は閉じることはないそうなので、これからも安静に、注意して生活していかないといけません。

赤ちゃんが小さめだったのは、予定日が少しずれていたかもらしいです。

なので今の大きさは平均値くらいだそうで。

そんなこともあるんですねー( ..)φ

なにが起こるか分からない妊娠生活もあと少し、だんだんお腹が大きくなって、動くのが辛くなってきました。

このまま順調に育って欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました