【サイドファイヤーを目指す主婦の家計簿】毎月の収支の把握

家計管理

こんにちは。

サイドファイヤーをしたい主婦ハルウタです。

我が家は、30代の共働き夫婦と、0歳と3歳の子供の4人家族です。

世帯収入は、夫と私合わせて年間470万円。(夫のボーナス含む)

手取りで、夫が月22万円と私が月15万円です。(多少変動あり)

家計管理するにあたって、最初に取り組んだものが、毎月の収支の把握。

どんぶり勘定だった我が家の家計簿を見直ししました。

家計簿をつける

毎月の収支を把握するために、家計簿をつけ始めました。

我が家の家計簿大公開!

毎月の収入

 おとん給料(月22万円) おかん給料(月15万円) 月35万円

旦那は正社員で昇給なし、年2回のボーナスあり。

私は時短勤務の契約社員、ボーナスなし。

子供に何かあったら、基本的に私が仕事を休むため、給料に多少変動があります。

毎月の支出

①固定費

項目金額
家賃53,410
駐車場代4,000
水道代5,000
ガス代5,000
電気代10,000
携帯(2人分)4,000+4,500
通信費4,734
保育料11,900
生命保険(2人分)1,880+2,360
交通費10,000

②変動費

項目金額
食費(食材費+外食+ウォーターサーバー水)40,000+30,000+7,948
日用品5,000
消耗品10,000
趣味・交友費・特別費25、000

この他にも、年単位での出費もあります。

我が家は賃貸で、車を2台所有しているので、

(車検代・車の保険料・点検維持費用・賃貸更新料・火災保険料・賃貸保証料)

などもあります。

生活費はおおよそ毎月23万円~25万円。

ざっくりとですが、毎月10万円ほど貯金できるのが分かりました!

家計簿アプリを活用

家計簿をつけるにあたって、最初の頃、どんな方法が良いのか、いろいろ試してみました。

我が家は支払い方法が、現金よりクレジットカードで行う事が多かったので、よくある封筒管理はできませんでした。

だからと言って、レシートをすべて取っておき、こまめに家計簿ノートに記入していく方法も、三日坊主の私には続きません。(+_+)

そんな時、この動画に出会いました!

この動画で紹介しているのが、家計簿管理アプリ『マネーフォワードME』

これならズボラな私にピッタリ!(´-ω-`)

最初に、使用している銀行口座や証券口座、クレジットカードや電子マネーなどなど、ポイント情報も、家族分を全部連携しておけば、総資産が一目で分かります。

キャッシュレスでほとんどの支払いをしている人には、最強に便利なアプリ。(*´ω`)

しかも、支払いをどのカテゴリーにまとめるか(食費、家賃、光熱費など)を、一度設定してしまえば、そのあとはアプリが自動で仕分けしてくれます。

現金で支払った分も個別で入力できます。

カテゴリー別に、グラフ化してくれるので、月ごとの収支が分かりやすい!

無料版と有料版があるのですが、私は今のところ無料版で十分かなぁと思います。

違いは、有料版になると連携できる銀行やクレジットカードが無制限。

過去の家計簿データを無制限に閲覧可能。

資産を見やすくグラフ化し、過去のデータと比較してくれる。

ほかにも色々と出来ることが増えます。

月額500円で利用可能なのはお得ですよね!

我が家も、順調に資産が増えていったら、有料版に切り替えようと思ってます。(。-`ω-)

マネーフォワードの支出のカテゴリー分けですが、自分で項目を増やせるので、細かく分けても良いし、我が家のように出来るだけまとめてみるのも、見やすくて良いと思います。

特に私のようなズボラさんには(笑)(`・ω・´)キリッ

うちはこんな感じ

①住宅費

家賃・光熱費・携帯通信費・車交通費・医療費・保育料・保険料などの固定費。

②食費

食料品・外食などの変動費。

③日用品

消耗品・衣料品・医療品・日用品・子育て用品などの変動費。

④趣味・娯楽費

旅行費・美容費・趣味のもの・子供のおもちゃ・交友費などの変動費。

大きく4項目に分類しました。

主に固定費と変動費が分かりやすくなったと思います。

ぜひ、自分にあった方法を見つけてみて下さい!

まとめ

家計簿アプリのおかげで、我が家の家計簿が簡単に見える化することができました。

また、私は『マネーフォワードME』アプリに出会えたので、家計簿をつけることが苦ではなくなりました。

むしろ、見える化したことで、お金の使い方に気を付けるようになり、使い過ぎにも気付くようになりました。

総資産が一目で分かるので、少しずつ増えていってるのを実感できて、やる気にも繋がります!

もうメリットしかありません!

お金の管理に困っているならば、まずは自分に合った家計簿をつけることをお勧めします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました